京都から始まる、あなただけの結婚物語。
京都から始まる、あなただけの結婚物語。

プロに学ぶ

婚家先みやげ

結婚は「両家のもの」というより「本人同士のもの」という感覚の方が強くなっている最近では、「嫁ぎ先」という言葉に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、女性が結婚相手の家族やご先祖様=嫁ぎ先(婚家)に「おみやげ」を持っていく、という昔ながらの風習があります。「婚家先みやげ」と呼ばれるこのしきたりは、「白い布のように清純な気持ちで、今後は婚家の家風に染まる覚悟です」という意味合いを表します。現在は、セーターやストールなどの衣類、ベルトやアクセサリーを贈ることが多いです。

関連記事

スタッフブログ

Supported By

  • お衣裳さわらぎ

    お衣裳さわらぎ
    こだわり抜いた衣装を多数取り揃える、二条城そばの老舗貸衣裳店

Facebook