京都から始まる、あなただけの結婚物語。
京都から始まる、あなただけの結婚物語。

プロに学ぶ

のしの内、外

贈答品を購入したときに、「内のしにしますか?外のしにしますか?」と聞かれ、どちらがよいのか戸惑った経験がある人も多いのではないでしょうか。「内のし(中のし)」とは、品物に直接、かけ紙をかけ、それから包装紙で包むことをいいます。それに対して「外のし」は、品物を包装紙で包んでから、かけ紙をかけます。どちらが正式か、という点では諸説あるようですが、包装紙は品物を保護するために包むものです。かつて贈り物は、水引をかけて風呂敷に包んで持参するのが一般的でした。包装紙は風呂敷にかわるものといえるでしょう。内祝いには祝い事のおすそ分けの意味があるため、控えめな表現に感じられる「内のし」を。結婚祝いなどは、先様に贈る目的が即座に分かるように「外のし」がおすすめです。

関連記事

スタッフブログ

Supported By

  • お衣裳さわらぎ

    お衣裳さわらぎ
    こだわり抜いた衣装を多数取り揃える、二条城そばの老舗貸衣裳店

Facebook